2010.02.15 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

ジャンル:AVG
製作者HP:AOOA





FLASH製AVG、終了まで10分ちょっと、
ダイヤルを回していくつかのステージを巡るゲーム。

1つ1つのステージがすごくかっこいい、
最初の所はクリックしたらあれがいっせいにああなってびっくりしたけど。

1つ前のエントリでFLASHゲームの感想を書いたので他にも無かったかと考えたら
「昔こんなゲームやったよな」とこれを思い出したのはいいんですが、
タイトルをすっかり忘れてしまっていて、検索しまくって探しました。
まだネット上にあって嬉しかったです。
ゲームのタイトルは「THE PHONE」でいいのかどうか自信がない…。
(アドレスバーに /THE PHONE.swf と出るのでこのタイトルで紹介させていただきました)



2010.02.07 Sunday

『カラメルプリン』

ジャンル:パズル(ブラウザゲーム、DL不要)
製作者HP:ヴぁ部





あらすじ(OPより)

カラメルのないプリンなんて・・・
                ただの豆腐よ。


マウスで操作可のブラウザパズルゲーム。
告白したものの↑のようにあっけなく振られてしまうプリン君。
そんなプリン君を一人前の男(プリン)にするために、
各ステージをクリアしてカラメルを集めよう!









そう意気込んで数年たちました。
いまだにプリン君を一人前の男にしてやれない……
恥ずかしいほど序盤のステージでつまづいてしまい、
そのたびに中断、思い出した頃に一からやっているのですがなかなか進まない。
「つづきから」を選ぶことで次のステージからでも始められるのですが
それじゃだめだあああと自分なりの小さなこだわりでいつまでも序盤のままです。

ゲームそのものは、てくてくと歩くことしか出来ないプリン君を魔物の手から守りつつ、
ブロックをクリックして出したり消したり誘導してカラメルのところまで導けばゴールです。
作者さまの描かれる独特の画風が素敵で、このドット画のプリン君もかわいい。
おまけの上級者向けコースもちらっと見てみましたが自分には難しそうだなあ……

HPを移転された際の不具合か何か?なのか、
リセットとステージクリアで404になっちゃうので詰まったらリロードが良いかと思われます。




2009.12.31 Thursday

大晦日なので

ここしばらく更新できておりませんが、
来年からぼちぼちやっていけたらいいなあと思っております
全国的にかなりの冷え込みでございますが、
皆様体調にはお気をつけて、よいお年をお迎えください
今年一年ありがとうございました。

2009.11.15 Sunday

「ペニーガール」

ジャンル:少女ロシアンルーレット
製作者HP: アバラヤ



あらすじ

昔々あるところに、ひとりの貧しい少女がいました

病気の母親を助けるために、朝に夕に働きますが


お金は少ししか集まりません
……

以上製作者様HPより一部引用させていただきました



以前感想を書かせていただいた「Alpha Blood」 「不死王の城」のアバラヤ様の新作。
ソフトを起動すると椅子に座った女の子が一人、そして手には銃
1/6で死んでしまうロシアンルーレットを運の続く限り延々と行います。
左クリックで引き金を引き、右クリックでシリンダーの回転。
撃った後は自由にシリンダーを回転できるので、
1発撃つごとに回転するもよし、5連続セーフで高得点を狙うもよし。
5回打っても弾が出てこない場合は自動でシリンダーが回転になります。
連続で撃てば撃つほど得点が高くなるんだけど、
死んじゃう確率も上がるので「2発撃つごとに回転」の作戦でトライ。


……$1640というたいしたこと無いハイスコアを出すまでに、
相当ひんやりしました。
女の子2人がランダムで登場してロシアンルーレットを開始するんだけど、
可愛い絵柄だけに死んでしまったときのグラフィックの生々しさが際立っています
もう変なホラーゲームよりびびるし弾が発射された時の音でドキっとする!
「あそこで回転させなきゃ良かったあああ!」とかまさに後の祭りの連続状態。

この2人の女の子は対戦相手なんでしょうか、
それともどちらも「やらされている」側なんでしょうか……
そんなことをぼんやり考えてみたり。
シンプルな内容の割にはなんだか気になるソフト。
死体描写が苦手な方はお気をつけて。

【12月7日追記】
スコアランキング機能追加版が配布されております


2009.11.14 Saturday

『結ばれた手』

ジャンル:百合脱出AVG
製作者HP:Ra:SID  『Girls Party』参加作品



あらすじ

学校の2階と3階に閉じ込められた
女子生徒2人が、校内から脱出するゲーム。
ホラー寄りで、逃げゲーです。

百合的ポイント
女の子同士の青春で純粋な恋愛を混ぜました。
2つのEDのうち、是非グッドエンドを見てください。

以上「Girls Party」作品紹介ページより引用させていただきました

ツクール2000製AVG。クリアまで30分ほど。
女性同士の交流があるゲームを作ろうという趣旨の元に作られたゲームなので
若干の百合要素あり。
百合っぽいというか、女の子同士の結束、友情、さわやか系。
不良の静音と優等生の灯、2人を学校から脱出させてあげるAVGで、
エンディングは途中の2人の会話の受け答えでノーマルかグッドの2つに分岐します。
ノーマル→グッドと見たのですがそんなに大胆な違いはなかったです。
ノーマルでも充分ハッピーエンドっぽい感じ。

2人の主人公のうち、静音がちょっと昭和…いい意味で懐かしい感じの不良でお気に入り。
所持アイテムのたばこの銘柄もこじゃれた奴じゃなくてたぶんおっさんぽいやつかなー、
金属バットじゃなくてカッターナイフ装備の方が、いやむしろカミソリの刃とかの方が等々
どうでもいいことを想像してしまいました。

脱出ゲー部分は、特に難しいところは無くサクサク進められます。
ところどころ鬼ごっこのようにあやしい影から逃げなくてはいけないのですが、
これが思いがけないところから出てきて結構ビクッとします。
すばやく対応しないと一箇所嵌められてしまうところがあるので
イベントが進むごとにセーブ推奨。
あと某所のロッカーで何度も死んでしまい、
他のセーブデータでやり直したら無事そこはクリアできたんだけど
何がフラグだったんだろう……

製作者HP:いきあたりマッタリ-R ゲームDLページはこちら
ジャンル:推理AVG



あらすじ

ある日、今まで平和そのものだった小さな島に、謎の事件が発生した。

スターライト・エンジェルと名乗る人物の手により、

島内各地で次々と物が壊されていくのだ。

そしてその側に残される7色の置き手紙。

果たしてスターライト・エンジェルの正体は誰なのか!? そしてその目的は!?

 

STANG(スタング)とBORNET(ボーネット)のいつものコンビが今度は保安官と助手に。

例の調子でドタバタと繰り広げる、マルチエンディングアドベンチャーゲーム!!


以上製作者様作品紹介ページより引用させていただきました


ツクールVX製AVG,プレイ時間は1時間ほど。

以前感想を書いたこちらこちらの続編。

今回の主人公は魔王ではなく保安官にジョブチェンジしています。

でもBORNETの相変わらずの奴隷ぶりにホッとしました。


基本的にはゆるい流れでお話が進行していくのですが、

ところどころに失敗→EDが入るようになってます。

直前からやり直し出来る親切設計なのでうっかりセーブを忘れても大丈夫。

登場人物たちの会話もゆるくて楽しい。

ゆるさに徹してて、説教くさいことを言わないのも個人的に好きです。

そんなゆるい会話の中にさりげなく解決のヒントが入っていたりと、

結構うまいこと仕込んであります。

「こいつかなー」と思っていたのとは違う奴が犯人でした……!

推理モノAVGが好きな方におすすめ。

前2作をやって無くても楽しめるのですが、やってからのほうが断然楽しいですよ。


製作者HP:小豆クリーニング
公開日:2009/10/21



あらすじ

分岐無し一本道ノベルゲーム、全年齢対応。
観れば七日後に死が訪れるという噂の「呪いのビデオ」
運悪くそのビデオを観てしまったフリーター、安野鉄五郎。
約束の七日目、安野の日常はゆっくりと崩壊を始める――

以上製作者様HPより引用させていただきました。

Nスク製ノベル。続編制作予定のある第1話で、読了まで30〜40分ほど。

バレンタインの存在にさえ毒づく冴えない主人公の一人称で綴られるお話。
この主人公が程よいダメっぷりで序盤からストーリーにひきつけられ、
軽妙な語り口でどんどん喋っていくので楽しみながら読めました。
バイト先の店長と先輩もいい感じのダメっぷりで、
ホラーかな?と思ったけどコメディっぽい。
怖いというより笑いの要素の方が大きいかも。

作者様が書いていらっしゃる背景もざっくりとした手書き風で、
いい感じに文章とバランスが取れてます。
キャラの立ち絵を使って会話が進むところもあれば、
背景にドーンと絵を持ってきてマンガのようなテンポで読ませるところもあったり
最初から最後まで飽きさせない演出で読んでいて楽しかった!
現在配信されているのは第1話で、
作者様ブログによれば、年内には3話まで配信できればいいなあとの事。
続きが楽しみです。

2009.09.28 Monday

「そこに座って」

ジャンル: 掌編ADV
製作者HP:kanoguti



あらすじ

=このゲームはどんなゲーム?=
扉の無い空間から脱出することが目的の、
脱出ゲームです。
すぐにクリアできると思います。

=操作方法=
マウスを動かす…周りを見渡す
左クリック…マウスカーソルのある所を調べる

以上Readmeより引用させていただきました。

プレイ時間は5分ほどの超短編AVG。
マウスでぐるぐると室内を見渡してみると
佇む人と椅子が一脚
椅子をクリックしてみると椅子に腰掛けて……

これから先はどう話してもネタバレになってしまうので
内容は書かないのですが、
ポインタの周りしか見渡せないというのを上手く演出に使い、
テキストもなく淡々と進められていく映像と静かな音楽にすごくセンスのよさを感じました。
脱出ゲーの様でいてそうでない、と思ったらやっぱり脱出?ゲームです。
プレイ時間も短いのでAVG好きな方におすすめ。


2009.09.23 Wednesday

「群青蝶」

ジャンル:短編AVG
製作者HP:小倉ハムスター
公開日:2009/09/22



あらすじ
小学2年生の僕はある夏の日、田舎のおばあちゃんの家へ。
久しぶりに会ったおばあちゃんは
「家の裏の神社へ行ってはいけない」という

なぜなら「群青蝶」が出るから……

Nスク製短編ノベル、プレイ時間は10分ちょっと。
実写背景にシルエットの立ち絵とミステリアスなBGMで
最後まで仄暗い雰囲気のホラーっぽいようなブラックのようなノベル。
分岐が1箇所あってEDは2つ。
どちらの結末もそれ相応の展開で面白い。
上の選択肢を選んで見れるEDの方が好きなんだけど
いい話っぽく見えて実は「え、ひょっとしなくてもこれは……」ってことなんでしょうか。
下の選択肢を選んでも、やっぱり上記の結果+更に僕が……で、
もっと現実では大変な結末になっているのかもと思うと
本当に「恐ろしいもの」の正体がはっきりとしないのが一番怖いんだなあと。
子供目線で書かれてあるので余計にそう感じました。

ジャンル:脱出AVG
製作者HP:えむてぃ’S HomePage
公開日:2009/09/20



あらすじ
目が覚めたら見知らぬ部屋に…という脱出系ゲーム
ツクールXP製

プレイ時間は30分ほど、順調に行けば10分ほどで終わり。
作者様自身も仰られているようによくある設定からスタート。
攻略手順とかちょっとネタバレてるかもしれないので先にお断りしておきます。

ストーリーはまず、
見知らぬ部屋のベッドで目が覚めるところから。
「よくある」というのがひっかけかもしれないとわざわざ持ち物やスキルがないかを確認しましたが
なにも持ってませんでした。まさに丸腰。
一通り部屋をうろうろしてドアを開けると部屋が4つ。
いま出てきた部屋以外を調べたら全部鍵がついていて空きません。
家主きっちりすぎ。で、ゾンビっぽいものがうろうろとし始めたので上のフロアへ。

前方にいくつかの部屋の入り口が見えるのでどこかに入れるかな……と思ったら
途中のドアから黒い影、追いかけられて死亡。
直前の廊下から再開、今度はそのドアを通過する前に出てきて死亡死亡死亡……
やっとでかわしてもその先のドアが全部施錠済み!
きっちりすぎる家主に怒りが沸きました。

どうしようもないので「捜査は現場100回」の名言を踏まえもとの部屋に戻り、
なんとか他の部屋へ侵入。
謎の人物が「ヒントが欲しいかい?」ときいてくるのでもちろんイエスと答えると、
そう世の中甘くないことを思い知らされます。
ノーと答えても思い知らされるのでまあどっちでもいいです。
が、ここの演出がきつい。早い。早すぎる。
しつこくセーブアンドロードで乗り切ると、
部屋に入るためのなぞなぞを解かないといけない場面に。
「世界で一番キャーキャー女の子から言われているスターは?」
追悼の意を込めて「マイケル」と入れてみましたが違ってました。
なぞなぞという部分を失念していたようです。

で、部屋に入って箱を開けるとまた影。
だんだんこの影にもイラっとしてきました。狭いところなのに動きが早い。
必死のセーブアンドロードをまた駆使し、
残りの謎はそれほど難しくはなかったので無事脱出。

とにかく色んなタイミングと場所で出てくる影が、
恐怖よりもイライラを与えてくれます。
部屋によっては入ってすぐにこちらに突進→死亡
そんなに広いマップじゃないけどこまめにセーブは必須かも
脱出後の主人公の方がなんとなく気になったり……